酒販売業免許申請(一般酒類小売業免許)
トップページ > お酒の種類  酒類販売業免許に関するご相談・お問合せはこちら
お酒の種類

◆ 酒税法上のお酒の種類とは?


 お酒はその品目毎に細かく分類されています

酒税法上では、課税上の必要性から、原料と製造方法の違いにより大きく4種類に分類され、さらに17品目に細分しています。

発泡性酒類 ビール、発泡酒、その他の発泡性酒類
(ビール及び発泡酒以外の酒類のうちアルコール分が10度未満で発泡性を有するもの)
醸造酒類 清酒、果実酒、その他の醸造酒
蒸留酒類 連続式蒸留しょうちゅう、単式蒸留しょうちゅう、ウイスキー、ブランデー、原料用アルコール、スピリッツ
混成酒類 合成清酒、みりん、甘味果実酒、リキュール、粉末酒、雑酒


品目区分 概 要
清 酒 米、米こうじ、水を原料として発酵させてこしたもの。
(アルコール分が22度未満のもの)

米、米こうじ、水及び清酒かす、その他政令で定める物品を原料として発酵させてこしたもの。
(アルコール分が22度未満のもの)
合成清酒 アルコール、しょうちゅう又は清酒とブドウ糖その他政令で定める物品を原料として製造した酒類で清酒に類似するもの。
(アルコール分が16度未満でエキス分が5度以上等のもの)
連続式蒸留
しょうちゅう
アルコール含有物を連続式蒸留機で蒸留したもの。
(アルコール分36度未満のもの)
単式蒸留
しょうちゅう
アルコール含有物を連続式蒸留機以外の蒸留機で蒸留したもの。
(アルコール分45度以下のもの)
みりん 米、米こうじにしようちゆう又はアルコール、その他政令で定める物品を加えてこしたもの。
(アルコール分が15度未満でエキス分が40度以上等のもの))
ビール 麦芽・ホップ・水を原料として発酵させたもの。
(アルコール分が20度未満のもの)

麦芽、ホップ、水、麦その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの。
(アルコール分が20度未満のもの)
果実酒 果実を原料として発酵させたもの。
(アルコール分が20度未満のもの)

果実、糖類を原料として発酵させたもの。
(アルコール分が15度未満のもの)
甘味果実酒 果実酒に糖類、ブランデー等を混和したもの。
ウイスキー 発芽させた穀類、水を原料として糖化させて発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの。
ブランデー 果実、水を原料として発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの。
原料用アルコール アルコール含有物を蒸留したもの。
(アルコール分が45度を超えるもの)
発泡酒 麦芽又は麦を原料の一部とした酒類で発泡性を有するもの。
(アルコール分が20度未満のもの)
その他の
醸造酒
穀類、糖類等を原料として発酵させたもの。
(アルコール分が20度未満でエキス分が2度以上等のもの)
スピリッツ 上記のいずれにも該当しない酒類でエキス分が2度未満のもの。
リキュール 酒類と糖類等を原料とした酒類でエキス分が2度以上のもの。
粉末酒 溶解してアルコール分1度以上の飲料とすることができる粉末状のもの。
雑酒 上記のいずれにも該当しない酒類。





次のページ ・・・ 一般酒類小売業免許の要件(条件)



 酒類販売業免許に関するご相談・お問合せはこちら



コンテンツメニュー
 トップページ
酒類販売業免許について
 酒類販売業免許とは?
 酒類販売業免許の種類
 お酒の種類
 一般酒類小売業免許の要件(条件)
 酒類販売管理者について
 酒類をインターネット等で通信販売するには
 酒販売業免許を受けるのに必要な費用
 酒類販売業免許申請に必要な書類一覧
酒類販売業免許申請の手続き
 一般酒類小売業免許申請の流れ
 酒販売業免許取得後の義務と各種手続
関連事項
 報酬額表
 事務所概要
 プライバシーポリシー
 免責事項
 ご相談・お問合せ
 官公庁リンク集
 にしじょう行政書士事務所トップページへ


酒販売免許申請代行センター多摩 専門家に任せて安心!

代行料金についてはこちら!


酒販売免許申請代行センター多摩

所在地:〒192-0053
東京都八王子市八幡町11−2
八王子繊維貿易館3F
にしじょう行政書士事務所

営業時間:8:50 〜 17:45
(定休日 土日/祝日)

*電話によるお問合せは現在受付ておりません。こちらのメールフォームよりお問合せください。

代表者:行政書士 西條直樹
(東京行政書士会所属:八王子支部)

 
 Copyright(c) 酒販売免許申請代行センター多摩 にしじょう行政書士事務所
All Rights Reserved. にしじょう行政書士事務所の許可なく当サイトのコピー並びに転載を禁じます。