酒販売業免許申請(一般酒類小売業免許)
トップページ > 一般酒類小売業免許申請の流れ  酒類販売業免許に関するご相談・お問合せはこちら
酒類販売業免許申請手続きの流れ

◆ 酒類販売業免許申請手続きはどの様に行われるのか?


 酒類販売業免許申請手続きの流れ

酒類販売業免許の要件を満たしているかチェック
添付書類の取寄せ及び申請書の作成
所轄税務署に申請書と添付書類の提出
審査順位の決定
審査開始
審査終了・登録免許税の納付
免許付与等の通知
酒類の販売開始・酒類販売管理者の選任と届出



 酒類販売業免許の要件を満たしているかチェック

免許申請をする前に免許要件を満たしているかどうかを先ずは確認します。

事前に所轄税務署の酒税担当官に相談してみるのもよいかもしれません。


このページの上に戻る



 添付書類の取寄せ及び申請書の作成

要件調査が終了したら、必要書類を揃え、申請書を作成します。

申請書は国税庁のホームページからダウンロードするか、所轄税務署で手に入れることができます。



このページの上に戻る



 所轄税務署に申請書と添付書類の提出

申請書及び添付書類の提出は、酒類の販売場の所在地を所轄する税務署に対して行います。

このページの上に戻る



 審査順位の決定

審査は所轄税務署において受付順に行われます。

このページの上に戻る



 審査開始

所轄税務署において、審査順位に従って審査が行われます。

審査中は場合により、来署や追加資料を求められることがあります。

このページの上に戻る



 審査終了・登録免許税の納付

審査が終了し、免許が付与されることになった申請者は、販売場1場につき30,000円の登録免許税を納付します。


このページの上に戻る



 免許付与等の通知

免許の付与は原則として審査開始から2ヶ月以内に申請者に書面で通知されます。
但し、書類の不備や追加書類の提出を求められた場合、その書類の提出がされるまでの間は標準処理期間の進行は停止しますのでご注意ください。

尚、審査の結果、免許が付与されない場合も書面で通知されます。


このページの上に戻る



 酒類の販売開始・酒類販売管理者の選任と届出

免許の付与を受けたらいよいよ酒類販売の開始です。

免許を受けた後は、酒類販売管理者を遅滞なく選任し、選任から2週間以内に所轄税務署長を経由して財務大臣に届け出なければなりません

また、酒類小売業者は、酒類販売管理者を選任したときは、3ヶ月以内に、財務大臣が指定する団体が実施する「酒類販売管理研修」を受講させるように努めなければなりません


このページの上に戻る


次のページ ・・・ 酒販売業免許取得後の義務と各種手続



 酒類販売業免許に関するご相談・お問合せはこちら



コンテンツメニュー
 トップページ
酒類販売業免許について
 酒類販売業免許とは?
 酒類販売業免許の種類
 お酒の種類
 一般酒類小売業免許の要件(条件)
 酒類販売管理者について
 酒類をインターネット等で通信販売するには
 酒販売業免許を受けるのに必要な費用
 酒類販売業免許申請に必要な書類一覧
酒類販売業免許申請の手続き
 一般酒類小売業免許申請の流れ
 酒販売業免許取得後の義務と各種手続
関連事項
 報酬額表
 事務所概要
 プライバシーポリシー
 免責事項
 ご相談・お問合せ
 官公庁リンク集
 にしじょう行政書士事務所トップページへ


酒販売免許申請代行センター多摩 専門家に任せて安心!

代行料金についてはこちら!


酒販売免許申請代行センター多摩

所在地:〒192-0053
東京都八王子市八幡町11−2
八王子繊維貿易館3F
にしじょう行政書士事務所

営業時間:8:50 〜 17:45
(定休日 土日/祝日)

*電話によるお問合せは現在受付ておりません。こちらのメールフォームよりお問合せください。

代表者:行政書士 西條直樹
(東京行政書士会所属:八王子支部)

 
 Copyright(c) 酒販売免許申請代行センター多摩 にしじょう行政書士事務所
All Rights Reserved. にしじょう行政書士事務所の許可なく当サイトのコピー並びに転載を禁じます。