古物商許可申請
トップページ > 古物商許可とは?  古物商許可に関するご相談・お問合せはこちら
古物商許可とは?


 古物商許可とは?


古物営業を行なうためには古物商許可が必要です。


古物商というと、リサイクルショップや古本屋、中古車販売、古美術商などが頭に浮かびますが、インターネットオークションサイトの運営フリーマーケットで「商業的な行為」を行なう場合にも古物商に該当し、許可が必要となります。

(※無許可営業違反・・・3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)


 古物とは?

古物営業法で定められている古物の定義は、

@一度使用された物品(その物本来の目的に従って使用できるもの)

A使用されない物品で、使用のために取引されたもの(新古品)

Bこれらの物品に幾分の手入れをしたもの(本来の用途目的に変更を加えないもの)

とされています。


*第4号、第5号の古物商を営む場合は、経験又は知識の要件あり。

区分 分類の基準 物品例
1号 美術品類 美術品的価値を有する物品 書画、彫刻、工芸品
2号 衣類 繊維製品、革製品等であって、身にまとうもの 和服類、洋服類、その他の衣料品
3号 時計・宝飾品類 主として、時計としての機能を有する物品、眼鏡、宝石、貴金属その他その物が外見的に有する美的特徴や希少性によって趣好され、使用される飾り物 時計、眼鏡、サングラス、宝石類、装身具類、貴金属類
4号 自動車 自動車及び自動車の一部分として使用される物品 自動車、カーステレオ、タイヤ
5号 自動二輪及び原動機付自転車 自動二輪、原動機付自転車及びこれらの一部分として使用される物品 スクーター
6号 自転車類 自転車及び自転車の一部として使用される物品 自転車
7号 写真機類 プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光器等 カメラ、顕微鏡、望遠鏡、その他の光学器
8号 事務機器類 主として、計算、記録、連絡等の事務に用いるために使用される機械及び器具 パソコン、レジスター、コピー機、タイプライター、FAX
9号 機械工具類 生産、作業、修理のために使用される機械及び機器一般のうち第3号から第4号までに該当しない物品 電気類、工作機類、猟銃、小型船舶、ゲーム機、電話機、自動販売機
10号 道具類 第1号から第9号まで及び第11号に掲げる物品以外の機械又は器具 家具、什器、楽器、CD、レコード、ゲームソフト、釣具、サーフボード
11号 皮革・ゴム製品類 主として、皮革又はゴムから作られている物品 カバン、靴
12号 書籍 - -
13号 金券類 商品券、乗車券及び郵便切手並びに古物営業法施行規則第1条各号に規定する証票その他のもの 各種商品券、スポーツ観戦チケット、テレホンカード、タクシー券


次のページ ・・・ 古物営業法の目的


 古物商許可に関するご相談・お問合せはこちら
コンテンツメニュー
トップページ
古物商許可とは?
古物営業法の目的
古物商の許可が不要なケース・受けられないケース
古物商許可申請の手続き
インターネットオークションを営む
にしじょう行政書士事務所概要
報酬額表
ご相談・お問合せ
警察・公安委員会へのリンク
プライバシーポリシー
免責事項
にしじょう行政書士事務所トップへ




古物商許可申請代行
にしじょう行政書士事務所

所在地:〒192-0053
東京都八王子市八幡町11−2
八王子繊維貿易館3F

電話:042−621−1115
営業時間:8:50 〜 17:45
(定休日 土日/祝日)

代表者:行政書士 西條直樹
(東京行政書士会所属:八王子支部)





BBS7.COM
MENU RND NEXT
 
 Copyright(c)2007 にしじょう行政書士事務所
All Rights Reserved. にしじょう行政書士事務所の許可なく当サイトのコピー並びに転載を禁じます。